■長崎の風俗の歴史・特徴

    【長崎の風俗の歴史・特徴】

  • 長崎の風俗の歴史や特徴

    長崎県は九州の西部にあり、気候は温暖で寒暖差が小さいのが特徴です。 東側に佐賀県が隣接しているだけで、その他は周囲を海に囲まれている為に港が多く、朝鮮半島も近い事から、国内・国外問わず拠点としての役割を担う為、争いが多かった背景があります。 現在では、日本有数の観光地域としても有名です。

    長崎県は7つの地域(長崎、県央、県北、島原、五島、壱岐、対馬)に分けられますが、風俗店は長崎(長崎市)、県央(諫早市、大村市)、県北地域(佐世保市)に集中しています。 また長崎県は観光業に力を入れている為、風俗の条例が厳しいです。 特に店舗型風俗店への規制・取締りを厳しく行っている為、長崎県では裏風俗を除いて店舗型風俗店は1件も無いようです。 つまり長崎の風俗と言えば、デリヘルになります。

    【長崎市の風俗】

    長崎市は、市の形状が珍しく、すり鉢状となっている為に坂の街と呼ばれています。 また、鎖国時の国内唯一の国際貿易港として知られる出島もある為、異国情緒溢れる都市として有名です。 かつては「江戸の吉原」「京の島原」に並ぶ日本三大花街として呼ばれることもあった丸山の遊郭が有名でしたが、風俗の規制が整備されるにつれて賑わいを失っていきました。 長崎市のデリヘルは50件以上が営業しており、長崎県の風俗における最重要エリアと言えるでしょう。

    【諫早市、大村市の風俗】

    諫早市、大村市は長崎県の中央に位置し、長崎空港があることから長崎県の玄関口となっています。 また、長崎市や佐世保市などの主要都市への交通の便が良く、長崎県のハブとしての役割を持っている為、ベッドタウンとしても人気です。 デリヘル店は20件ほど営業しており、アクセスの良さを活かして、長崎県全域を対象としている事が強みです。 デリヘルの料金は交通費も大きいので、風俗客にとっては大事なポイントですよね。

    【佐世保市の風俗】

    佐世保市は長崎県の北部に位置し、明治時代以降、海上防衛の軍港として発展していった経緯から、造船・国防の街として知られている。 観光名所としてハウステンボスが有名で、長崎市に次ぐ長崎県第2の都市である。 佐世保市のデリヘル店も40件ほど営業しており、長崎市から距離がある為、それぞれが独立した商圏となっている。 以上が長崎県の風俗事情の概要となるが、もう一つ「裏風俗」と呼ばれる違法サービスの話を耳にする機会が多いのではないでしょうか。 裏風俗の多くは、法規制の変更に伴い法の外へ追い出された風俗店のなれの果てだと思いますが、本サイトでは法的に認められている風俗、具体的には長崎のデリヘル事情についてのみ説明をしていく事とします。