■長崎の人気の風俗業種

    【長崎で人気の風俗業種】

  • 長崎で人気の風俗業種は?

    長崎県は条例によりソープランドやファッションヘルス、ピンサロなどの店舗型風俗の営業が認められていない為、1件もありません。 1番近くのソープランドへは佐賀県の嬉野市、武雄市まで足を運ぶ必要があります。 そんな背景がある為、当然のように長崎の人気風俗はデリヘルになります。 派遣型風俗にはデリヘルの他にもホテヘルやエステ、SMなどがありますが、長崎の風俗と言えばデリヘルしか無く、件数は少ないですが、デリヘル店のコースにアロマエステやSMが含まれるといったサービスになっています。

    長崎にはデリヘルしか無いので、人気の風俗業種と言っていいものかとは思いますが・・・続けます。 長崎のデリヘルとは言っても、風俗店のあるエリアは4箇所に限られています。 長崎市、佐世保市、諫早市、大村市です。

    長崎市と佐世保市は長崎県内の二大都市で、それぞれに商圏を持っています。 諫早市と大村市は長崎県の中央に位置し、交通の便の良さから長崎市と佐世保市以外の長崎県全域をメインの商圏としています。

    長崎のデリヘルの特徴としては、長崎優良店グループ(http://n-yuryoten-group.jp/pc/)なる組合がある事が挙げられます。 この組合は長崎市、諫早市、大村市で営業しているデリヘル店の99%が加盟しています。※佐世保市のデリヘル店は商圏が違う為に加盟していないと思われます これは、長崎の風俗に対して厳しい規制がある事への象徴と言えるのではないでしょうか。

    この優良店グループではサービス料金も規定しているようで、多くのお店が60分17,000円となっており、ごく一部のお店が60分18,000円で営業しています。 ちなみに佐世保市のデリヘル店のサービス料金には幅があり、60分9,000円~15,000円で営業しています。 次は長崎の風俗にはデリヘルしか無い事によるメリットとデメリットについてです。

    メリットは女の子の容姿のレベルが高いのではないか?という事です。 長崎にはデリヘルしか無く、一部の地域では優良店グループがサービス料金を規定している為に風俗店ごとの差別化が付きづらいと考えられます。 そのことから長崎のデリヘルでは高級店に在籍していそうな風俗嬢に出会える確率が他県のデリヘル店よりも高いのでは?と感じています。 お気に入りの風俗嬢を見つける事が出来れば、満足度の高い風俗遊びを満喫できることでしょう。

    反対にデメリットとして考えられる点は、風俗店ならびに風俗嬢の向上心が育ちづらいということでしょうか。 風俗客の選択肢がデリヘル以外に無いからこそ、なあなあの営業姿勢でも営業を続けやすい環境となっているはずです。

    全国でも珍しいデリヘル店の組合があり、長崎県警の指導の下、健全な風俗営業を保証しているのは、裏を返せばピンサロやホテトルなどの違法風俗も多く存在していると考えられます。 風俗遊びに慣れている一部の人々にとっては長崎の風俗を魅力的だと感じてしまう人もいるのでしょうが、十分に注意が必要だと思います。 風俗初心者や安心して風俗を楽しみたい多くの方々にとっては、長崎で風俗を楽しむ際は、この長崎優良店グループに加盟しているデリヘル店を選べば間違いは無いでしょう。 ネットを介して調べることの出来る長崎のデリヘル店のほとんどは加盟しているので、お店のオフィシャルサイトのトップページで簡単に加盟店マークを見つける事が出来ると思います。 また、佐世保市のデリヘル店は長崎市のデリヘル店とは商圏が違う為、優良店グループに加盟していません。 だからと言って、悪質な風俗店という訳ではありませんので、いつも通りの判断基準で佐世保の風俗を満喫しちゃってください。